膝の痛み改善ナビ【※膝痛解消と治療法】
*

変形性膝関節症の治療する温度差療法


変形性膝関節症の治療方法として、温度差療法という治療法があります。この治療法は膝の炎症を抑えることで痛みの緩和に効果がある治療法です。
 
温度差療法は温熱療法と冷却療法を交互に行い、膝の患部を暖めたり冷やすことで炎症を抑え、痛みの緩和を図ります。温度差療法は、温熱療法も冷却療法もそれぞれに効果かがありますので、このふたつの治療法について紹介します。
 
温熱療法は、お風呂やサウナで身体全体を暖めるものではなく、膝の患部だけを暖める治療法です。
 
お湯などで暖めたタオルなどの布を膝の患部に当て、それをラップなどで更に巻き、患部の温度が下がらないようにして、しばらくそのままにして膝の患部を暖めます。
 
お風呂などに入って暖める方法も良いですが、長時間お風呂に入ることは身体も疲れますので、できれば患部だけ暖める方法にしましょう。この方法を一日に数回行います。
 
この方法で膝の患部を暖めることで、患部の血行を良くし新陳代謝を促進し、痛みの緩和ができます。また、冷却療法は膝の患部の炎症を抑えて痛みを軽減するために有効な方法です。
 
変形性膝関節症で、膝の患部が炎症を起こし、膝がむくみ腫れ上がる症状がある時や、患部が炎症の影響で熱を持っている時に有効な方法です。
 
膝の患部を冷やす方法は、氷嚢(ひょうのう)を使って冷やしたり、解熱用の蓄冷材を使って冷やします。これらを直接患部に当てると冷やしすぎることがあり、痛みを感じることにもなりますので、患部との間にタオルなどで直接あてずに冷やしましょう。
 
ビニール袋に氷水を入れたものでも代用できます。一回に患部を冷やす時間は、30分程度が望ましいでしょう。
 
先程、紹介したように温熱療法と冷却療法を交互に行うと効果的といいましたが、どちらか終わった後に直ぐに行う方法は、オススメできませんので、交互に行う間隔は1時間細空けてから行いましょう。患部の肌トラブルの原因になります。

※ひざの痛みに悩まされている方に朗報!
注射やリスクの高い手術に頼らなくても、根本的にひざの痛みを取り除く方法があります。 >>詳しい膝の改善方法を読む

変形性膝関節症の治療する温度差療法関連ページ

変形性膝関節症の治療する手術療法
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 変形性膝関節症の治療において、最終手段が手術療 […]
変形性膝関節症の治療する運動療法
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 変形性膝関節症の症状が酷くなると、膝のかたちが […]
変形性膝関節症の治療する薬物療法
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 変形性膝関節症の治療法には、薬物を投与すること […]
変形性膝関節症の治療する保存療法
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 変形性膝関節症にかかった場合、すり減った軟骨を […]
変形性膝関節症を自分で診断する
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 変形性膝関節症は早期に医師の診断を受けて、適切 […]
変形性膝関節症の進行する症状
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 変形性膝関節症の初期の症状は、強い痛みなどはあ […]
女性は変形性膝関節症にかかりやすい
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 変形性膝関節症は、どのような方がかかるかは、あ […]
変形性膝関節症の原因の仮説
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 膝の痛みの中で最も多くの方が抱えている病気とい […]
変形性膝関節症とは
Tweet  >>ひざの痛みを根本的に取り除く方法! 人が年齢を重ね年老いていくことは避けられないこ […]