膝の痛み改善ナビ【※膝痛解消と治療法】

*

膝の痛み改善の情報サイト

膝の痛みをかかえる人は増えています。人の身体全体を支える膝は、重要な器官であるにも関わらず、頑丈な骨が支えているわけでもなく太くもありません。

膝の構造は複雑で、中心になる骨や筋肉以外にも、軟骨や半月板や関節包など重要な役割を持つパーツによって身体のバランスを理想的に保っています。

膝の痛みは怪我が原因の場合だけでなく、過度な運動や肥満による負荷や病気が原因の厄介なケースもあります。まずは原因を明らかにした上で、それぞれの改善法を試していきましょう。


膝の痛み:注目記事ピックアップ


強い負荷がかかる膝
人の身体を支える腰や膝は、強い負荷がかかりますので、よく痛みを発症する部位です。この膝が痛む原因はさまざまありますが、痛みの感じ方にもいろいろな感じ方があります。

シクシクと痛むことやチクチクと刺すような痛みや、これらの痛みがしばらく続くが少し経つと痛みが取れるケースや、弱い痛みが一日中続くというように、さまざまな痛みの感じ方があります。 膝の痛みは、その症状によって日常生活に大きく影響します。

膝の痛みは高齢化社会の問題
加齢による膝の痛みは、なかなか避けられないもので、長年使われてきた膝の軟骨や半月板は摩耗し、軟骨や関節包、滑膜はすり減り、本来の役割である骨と骨のクッションの役割が機能しなくなってくるのです。

本来は骨を包むように骨との摩擦を緩和している関節包がすり減ると、関節部分の骨と骨が強くこすれることで、酷い痛みを感じます。この症状はどんどんと悪化して、痛む箇所が増えてくるのです。

子供の膝の痛み:成長痛
膝の痛みには子供の成長期に起きる成長痛という痛みがあります。これ放置しても問題のあるものではありませんが、最初に痛みの原因が何であるか、医師の診察も大切になります。

この成長痛は、子供の第二成長期に身体が急激な成長をすることで起こる痛みです。この時期の子供は、一年に十数センチも身長が伸びるなど急激に成長します。これに伴い骨やまわりの筋肉とのバランスが違い、痛みを伴います。

膝の重要性と役割
膝の重要性と役割について考えてみます。膝は人の身体を支え、二足歩行を実現して機能しています。膝は人の身体の構造上、大きな負荷を受けている部分です。

例えば人の足と腕を比較しても、足は身体を支えていますがそれほど発達した骨を備えておらず、また筋肉が発達しているわけでもありません。しかし人の足は腕の力の3倍の力を持っているのです。

※ひざの痛みに悩まされている方に朗報!
注射やリスクの高い手術に頼らなくても、根本的にひざの痛みを取り除く方法があります。 >>詳しい膝の改善方法を読む


膝の健康は日常生活を改善から

膝の痛みを予防する方法は、日常の生活習慣の改善が最も大切になります。毎日規則正しく生活すると言うことは、睡眠時間を十分に取り、バランスのよい食生活を行い、毎日適度な運動を行うことが…

膝の痛みが履き物の影響

人の身体はいろいろなところで繋がっています。このことでわかりやすいものと言えば、全員にあるツボでしょう。ツボはそこを抑えることで、いろいろな身体の機能を回復します。   …

膝の負担軽減にはダイエットが有効

膝には人の身体の体重が常にかかっています。これは痩せた方も太った方も同じように負荷が膝にかかっています。膝に掛かる負担は身体の体重が増えるほど、大きくなります。   膝の…

痛みに負けずリハビリを

加齢とともに膝の機能が低下   人が健康でいられることはなかなか難しいことで、多くの方は何かの身体のトラブルを抱えています。そしてこれは加齢とともに多くなり、いろいろなと…

膝に溜まる水の成分

膝の痛みを訴える方がよく言うことに、膝に水が溜まると言います。これは一体どういうことでしょうか。この膝に水が溜まるという症状は、肥満体質の方やスポーツ選手に多くみられる症状で、膝に…